発作前兆が起こった時もカルバトールで対策

2019年10月09日
人間の脳のイラスト

脳の神経が必要以上に興奮してしまうことによって、発作を起こしてしまうてんかん。
発作の症状としては、突然意識を失ってしまったり、けいれんを起こしてしまうことが、大きな症状として挙げられます。
そんな時に、カルバトールは、脳の神経に直接作用して、てんかんの発作を抑えることができるのです。
カルバトールとは、てんかん治療の薬の名称です。
現在でもさまざまな年代の患者に処方されている、比較的知名度の高い薬となっています。
てんかん治療の他にも、躁うつ病の改善や、顔面の筋肉が硬直してしまい痛みを伴う、三叉神経痛の改善にも用いられています。
てんかんでは、発作前兆が見られることが多いです。
人によって発作前兆は細かく異なってきますが、体温や気分の変化を感じたり、めまいが起こったりすることがあります。
発作前兆によって、対策をとることが可能です。
そのような時に、カルバトールなどの薬を日常的に服用しておくことによって、重大な発作を予防することができることが多いのです。
また、どのような発作前兆が起こるか気づいた時には、医師に相談してみましょう。
これからの治療の良い情報となりますし、より効果的な対策をとることができます。
服用する際には、飲み方や、飲み合わせなどに十分注意しておきましょう。
カフェインやアルコール、グレープフルーツなどと一緒に摂取すると、十分な効果が発揮できないことがあります。
また、個人によって細かく用量・用法が異なってくるので、医師や薬剤師等の知識を持った人の指示にきちんと従って服用することが大切です。
カルバトールなどのてんかん治療薬を積極的に服用して、効果的なてんかんの発作の対策をとりましょう。