患者と話している医者と人間の脳のイラスト
公開履歴

カルバトールは、主にてんかんの発作を抑えるために使われる薬です。
脳の異常な働きを抑える効果があるといわれていて、最近はてんかん以外にも、一部の精神疾患や認知症の症状の緩和にも使われています。
2015年では、カルバトールは日本で処方薬として認可されておらず、そのため病院で処方してもらうことはできません。
海外では処方している病院もあるので、手に入れるには外から輸入したり、海外の医者から処方してもらうなどの工夫が必要です。
カルバトールの服用量は、年代や体質、症状などによって決まります。
使用する際は医療機関を受診し、必ず医師の助言を受けるようにしましょう。
医師と薬剤師はカルバトール自体を処方することはできませんが、薬の正しい使い方や適切な量などについてはアドバイスしてくれます。
カルバトールは、持病や現在飲んでいる薬によって、飲んではいけない場合があります。
確認しないまま使用すると、思わぬ被害に遭うこともあるので、服用しても問題ないかどうかを医師に必ず相談しましょう。
カルバトールを使用すると、まれに副作用が出る場合があります。
例えば、日中の眠気やめまい、脱力感や頭痛などです。
わずかな異変をそのままにしておくと、後で重大な事故につながる可能性があります。
もし副作用を感じたら、すぐにアドバイスを受けるようにしましょう。
最後に、注意しておくべきことがあります。
この薬は飲み始めたら、自分の判断で勝手に止めてはいけません。
服用して症状が良くなったように感じても、それは一時的なものです。
途中で止めると症状が元に戻ってしまったり、かえって悪化する場合があります。
服用はあくまで医師の指示に従うようにしてください。